心の扉を開いて

Doors of My Heart

心の扉を開いて

ドアーズ オブ マイ ハート
Doors of My Heart

少し古いベンガル語によって書かれたこの歌を英語に翻訳したのは、『あるヨギの自叙伝』の著者、パラマハムサ・ヨガナンダでした。

日程の確認とお申し込み

お問い合わせ

  1. 歌詞
  2. 意味

Doors of My Heart ドアーズ オブ マイ ハート

Doors of My Heart
ドアーズ・オブ・マイ・ハート
Open wide I pray to thee
オープン・ワイド・アイ・プレイ・トゥ・ジー(汝)
Open wide, open wide
オープン・ワイド、オープン・ワイド
Open wide and set me free
オープン・ワイド・アンド・セット・ミー・フリー
Doors of my heart
ドアーズ・オブ・マイ・ハート
Open wide I pray to thee
オープン・ワイド・アイ・プレイ・トゥ・ジー

Doors of My Heart ドアーズ オブ マイ ハート

Doors of My Heart
堅く閉ざした私の心の扉
Open wide I pray to thee
どうか開いてください
Open wide, open wide
一枚、一枚開いて
Open wide and set me free
開ききって、私を解き放ってください
Doors of my heart
頑なな私の心の扉
Open wide I pray to thee
どうか開いて 本当の自分になれますように

Doors of My Heartについて
「Door of my heart」は、パラマハムサ・ヨガナンダによってしばしば歌われたそうです。この歌は、心の奥深くに届き、喜びを育み、歌を育てます。そして、神を体験することへの切望を表現しています。パラマハムサ・ヨガナンダは、少し古いベンガル語によって書かれたこの歌を英語に翻訳しました。彼はただ翻訳しただけではありませんでした。パラマハムサ・ヨガナンダのこの素晴らしい歌には、神への大きな憧れ、神の体験、神とのつながりをもたらす力があります。
出典:https://mein.yoga-vidya.de/profiles/blogs/door-of-my-heart

注)ここに掲載した歌詞は、パラマハムサ・ヨガナンダが翻訳したものとは若干異なります。

PAGE TOP