最高の神、クリシュナを敬愛し、歌います

Govinda bolo hari

最高の神、クリシュナを敬愛し、歌います

गोविंद बोलो हरि
ゴヴィンダ ボロ ハリ
Govind Bolo Hari

歌詞に登場する「ラーダー(Radha)」は、インド神話に登場する牧女(ゴーピー)であり、英雄クリシュナの永遠の恋人です。

日程の確認とお申し込み

お問い合わせ

  1. 歌詞
  2. 意味

ゴヴィンダ ボロ ハリ Govind Bolo Hari

Govind Bolo Hari Gopal Bolo
ゴビンダ ボロ ハリ ゴパーラ ボロ
Radha Ramana Hari Gopala Bolo
ラダハラマナ ハリ ゴパーラ ボロ

गोविंद बोलो हरि
गोविंद बोलो हरि गोपाल बोलो
राधा रमण हरि गोपाल बोलो

ゴヴィンダ ボロ ハリ Govind Bolo Hari

最高の神、クリシュナを敬愛し、歌います
美しき恋人ラーダーとともに、讃えます

ゴビンダ ボロ ハリ ゴパーラ ボロ
ラダハラマナ ハリ ゴパーラ ボロ

ゴヴィンダ Govinda(गोविंद)=牛飼い、クリシュナ
ボロ Bolo(बोलो)=歌う、喜びの表現、神への献身
ハリ Hari(हरि)=クリシュナなどへの呼称、「最高神であるクリシュナよ」
ゴパーラ Gopala(गोपाल)=牛飼い、牛の保護者(より正確には生命の保護者)、クリシュナのニックネーム
ラーダ Radha(राधा)=美、富、成功、ラクシュミーの化身、クリシュナの恋人、永遠のカップル、クリシュナの女性的側面
ラマナ Ramana(रमण)=喜ばしい、楽しい、魅力的な

『ギータ・ゴーヴィンダ』(ゴーヴィンダ(牛飼い)の詩)は、12世紀インドの詩人ジャヤデーヴァによる作品。ゴーピー(牛飼い、乳しぼりの女性)であるラーダーとクリシュナの愛が描かれています。ラーダーに対してクリシュナは不誠実でしたが、最終的にはラーダーのもとに戻ります。これは、真の忠誠から逸脱した人間の魂が最後には作り主である神のもとに戻ることを象徴的に表すものと解釈されています。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ギータ・ゴーヴィンダ

PAGE TOP