生命の保護者、クリシュナを崇拝します

Giridhari Nandelal

生命の保護者、クリシュナを崇拝します

गिरिधारि नन्दलाल
ギリダハリ ナンダラル
Giridhari Nandelal

ヒンズー教の祭祀、ゴヴァルダン・プジャ(Govardhan Puja)は、クリシュナが雷と雨の神インドラを打ち負かした日を記念して行われています。

日程の確認とお申し込み

お問い合わせ

  1. 歌詞
  2. 意味

ギリダハリ ナンダラール Giridhari Nandelal

Giridhari Nandelal Bhajo Govinda Gopal
ギリダハリ ナンダラール バジャ ゴーヴィンダ ゴパール
Bhajo Govinda Gopal Giridhari Nandela
バジャ ゴーヴィンダ ゴパール ギリダハリ ナンダラール

गिरिधारि नन्दलाल
गिरिधारि नन्दलाल भज गोविंद गोपाल
भज गोविंद गोपाल गिरिधारि नन्दलाल

ギリダハリ ナンダラール Giridhari Nandelal

聖なる山を持ち上げた最愛のナンダ
生命の保護者、クリシュナを崇拝します

ギリダハリ ナンダラール バジャ ゴーヴィンダ ゴパール
バジャ ゴーヴィンダ ゴパール ギリダハリ ナンダラール

ギリダリ Giridhari(गिरिधारि)=丘を持ち上げた人 ※丘=「ゴヴァルダン・ヒル(Govardhana hill)」
ナンダラル Nandalal(नन्दलाल)=最愛のナンダ(クリシュナの別名)
バジャ Bhajo(भज)=礼拝、崇拝、賛美
ゴヴィンダ Govinda(गोविंद)=牛飼い、クリシュナ
ゴパーラ Gopala(गोपाल)=牛飼い、牛の保護者(より正確には生命の保護者)

洪水から丘を救うクリシュナの伝説
雷と雨の神インドラの祭祀の準備をする牛飼いたちに対して、クリシュナは家畜や山を祭ることを勧めました。これに怒ったインドラは、7日間続く大雨を降らせました。しかし、クリシュナはゴヴァルダン・ヒル(Govardhana hill)を引き抜いて1本の指に乗せて持ち上げ、牛飼いたちを雨から守りました。この地域のすべての動物と人々がインドラの猛烈な雨から安全に避難することができたのです。最終的に、インドラは敗北を受け入れました。彼は祈りをささげ、天国に帰りました。
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Govardhan_Hill

PAGE TOP